2013年10月21日

MVNOアンテナピクト&セルスタンバイ問題解決

前回少し触れたアンテナピクト&セルスタンバイ問題ですが、
アンテナピクト問題・セルスタンバイ問題とは何か
↑こちらのブログを参考にさせてもらいました。

Screenshot_2013-10-20-22-21-09.pngScreenshot_2013-10-20-21-39-11.png

MVNOは通話なしのSIMなんで、本体が誤認識して、
異常だと判断する→アンテナピクトが表示されない→電波がない電波がないと必死に探してしまう状態→待ち受け状態でバッテリーの消費が早い、の悪循環って事らしい。
で、この状態になる機種とそうじゃない機種と、全部なったり、一部なったり色々だそう。
ちなみに私はICSにしてから両方駄目でした。圏外時間100%。
そこで発見したのが
●Xposed
Androidのリソースや動作を変えるには各apkの書き換えが必要だが、
Xposedフレームワークとモジュールを使うとapkを直接書き換えずにカスタマイズできる

ほほう。そんなものがあるのか〜。
root取りながらびびりな私にはマジで救世主。先人達に感謝するばかり。
早速、Xposed本体とAndroid+データ専用SIMでの動作修正パッチ(datasim_patcher.apk)を入れてみる。
英語だけど私でも分かるくらいなので多分世の中の人も分かるw
ものの数分で終了。アンテナピクトの×印も消えて、写真はWi-Fi中で申し訳ないんですが、ちゃんと3Gの ↑H↓ も出ます。あー良かった!!
ちなみに写真はまるでアンテナ立ってませんが家が田舎なものでいつもアンテナ1本か無しかどっちかなんです。外出先で使えるならいいんで…えぇ…。
無事にセルスタンバイも数%になって、無事に解決したようでよかったです。
ついでにPOBox(ソニー用の文字入力アプリ)も、4.4から5.1へバージョンアップ。
POBOX5.1.zipを頂いて先に4.4を消してインストールするだけの簡単なお仕事!
そんなわけでSimejiとはおさらばです。いやー実に快適。

これで大体MVNOにしてからやりたいこと一通りやったんですけど、
これ、結構大変ですねー。
データ通信だけならこっちのほうが安いよ!って簡単な感じできてセルスタ問題。
なかなか解決できない人も多いかもしれませんねー。
posted by macomo at 00:13 | Comment(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。